こばやし歯科

歯周病治療

静かに進行するお口の病気~歯周病~

静かに進行するお口の病気「歯周病」

歯のトラブルの代表格といえば「虫歯」ですが、虫歯と同じく多いのが「歯周病」です。歯周病は、日本人が歯を失ってしまう原因の第1位の病気で、成人の約8割がかかっているかその予備軍であると考えられています。歯周病は、はじめのうちこそ、歯ぐきに腫れや出血が起こる程度ですが、痛みなどの自覚症状なしに静かに進行するため、気がついたときには重症化していることもある怖い病気です。

静かに進行するお口の病気「歯周病」

横浜市神奈川区の歯医者「こばやし歯科」では、歯周病治療はもちろん、口臭外来を設け、口臭の治療にも力を入れております。「ブラッシング時に歯ぐきから出血する」「起床時にお口がネバつく」「口臭が気になる」という方は、歯周病の可能性が高いといえるでしょう。気になる症状があれば、お気軽に当院へご相談ください。

歯周病の進行段階と症状

※表は左右にスクロールして確認することができます。

健康な状態 【初期】
歯肉炎
【中期】
軽度歯肉炎
【後期】
中等度歯周炎
【末期】
重度歯周炎
健康な状態 【初期】歯肉炎 【中期】軽度歯肉炎 【後期】中等度歯周炎 【末期】重度歯周炎
歯ぐきが薄いピンク色で、ハリがあり、しっかり歯を支えられています。歯みがきをしても出血などありません。 歯ぐきに炎症が起こり、赤く腫れ、ブラッシング時に出血が起こりやすくなっています。歯と歯ぐきの間の歯周ポケットが深くなり、プラーク(歯垢)がたまりやすくなっています。 歯周ポケットの深さは3mmほど。少しずつ歯を支える顎の骨が溶かされて(吸収されて)きています。歯を触るとグラつきがあり、口臭もきつくなってきています。 歯周ポケットはさらに深くなり4~6mmほどになっています。顎の骨も3分の1以上溶かされています。歯のグラつきによって硬いものが咬みにくくなっています。 赤紫色に腫れた歯ぐきから膿が出たり、歯を押すと大きくグラついたりします。ほとんどの場合、この時点までくると歯が抜け落ちてしまいます。

こばやし歯科の歯周病治療

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯周病治療の基本となるのが、歯周病菌が潜むプラーク(歯垢)の除去と、プラークが石灰化した歯石の除去です。歯石になる前にプラークを適切なブラッシングでしっかり落としましょう。当院では、患者さんのお口に合った方法でブラッシングを指導しています。なかでも、歯周病に効果的な「つまようじ法」というブラッシング方法をおすすめしています。

スケーリング

スケーリング

歯の表面についている歯石を、スケーラーという器具で除去していきます。軽度の歯周病の場合、この処置で口腔内環境が改善し、効果が見込めることがあります。

ルートプレーニング(歯肉の下の歯石除去)

ルートプレーニング(歯肉の下の歯石除去)

スケーリングが終了しても、それで歯石が全て取れたわけではありません。歯肉の下、歯の根の表面にも歯石がついている場合、それも除去する必要があります。これはかなり細かい治療となり、麻酔が必要な場合もあります。歯周ポケットが深く歯肉の下の歯石が多い場合、こばやし歯科ではレーザー(Er-YAGレーザー)を使って治療を行う場合があります。

歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術

歯周ポケット内部のプラーク、歯石、膿、感染組織などを取り除く方法です。痛みを伴うため、局所麻酔を施したうえで行います。軽度から中等度の歯周病に対して行われます。

フラップ手術
  • BEFORE フラップ手術-GTR1
  • AFTER フラップ手術-GTR2

歯ぐきを切開して歯根を露出させ、こびりついたプラークや歯石を除去します。顎の骨から歯ぐきを引き剥がし痛みを伴うため、こちらも局所麻酔を行います。中等度以上の歯周病に対して行われます。

再生療法

歯周病で溶かされて(吸収された)しまった顎の骨や歯根膜を再生させる方法です。患者さんに適したいずれかの方法を採用します。

GTR法 エムドゲイン法
GTR法 エムドゲイン法
組織の再生を促したい部分に「メンブレン」と呼ばれる膜を設置し、歯肉の侵入を防ぎながら顎の骨の再生を待ちます。治療後は膜を除去する処置が必要となります。 GTR法と同じ手法ですが、こちらはジェル状の薬剤を入れます。治療後は体内に吸収されます。
その他の歯周病治療

当院では、上記のような一般的な歯周病治療に加え、患者さんのニーズにお応えできるよう、次の特殊な治療法も採用しています。こちらも患者さんの状態に合わせて適切な選択をします。

レーザー治療 ペリオウェーブ
レーザー治療 ペリオウェーブ
歯周ポケット内部にレーザー光を直接照射し、歯周病菌をダイレクトに殺菌します。レーザー光が細部に届くことで、治癒効果が高まり、治療期間の短縮が期待できます。当院で使っているEr:YAGレーザーは、出力をあげることで歯質を削ることもできるものです。 こちらも特殊な光を照射して、歯周病菌を直接殺菌します。歯ぐきの腫れが起こりやすい一般的な歯科治療と異なり、歯ぐきのダメージが少なく、痛みをできるだけ感じさせない治療を実現しています。

当院の歯周病治療症例

  • BEFORE当院の歯周病治療症例 Before
  • AFTER当院の歯周病治療症例 After
  • BEFORE GTR術前
  • AFTER GTR術後

歯周病治療の流れ

STEP
1
現状把握

お口の状態を適切に把握するため、次の検査を行います。

  • 歯周組織診査(触診・視診)
  • X線診査(レントゲン)
  • みがき残しのチェック
  • 生活習慣の問診
  • 細菌検査や咬み合わせの診査(必要な場合)

検査で得たデータをもとに、患者さんのお口の傾向を分析、適切な対処法を決定します。

STEP 1 現状把握
STEP
2
ブラッシング指導

歯周病治療のなかでもでも重要な日々のブラッシングについて、患者さんのお口の状況に合わせたご提案をします。当院では、「つまようじ法」をおすすめしており、治療時には術者によるブラッシングを中心に行います。

STEP 2 ブラッシング指導
STEP
3
プラーク・歯石除去

歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の内部に付着しているプラークや歯石を除去するため、次の処置を必要に応じて行います。

STEP 3 プラーク・歯石除去
STEP
4
歯周外科処置

STEP3で行った処置でも解決できないような重症例には、歯ぐきを切開するフラップ手術などの外科処置を行います。また、その後の組織再生が必要な場合は、再生治療も行います。

STEP 4 歯周外科処置
STEP
5
補綴(ほてつ)治療

歯ぐきの状態の改善を待って、入れ歯やクラウン(被せ物)などの補綴治療を行います。当院では、治療時に咬み合わせにも留意しています。

STEP 5 補綴(ほてつ)治療
STEP
6
メインテナンス

治療後の健康なお口の状態を維持するために、継続したメインテナンスをおすすめしています。日々のブラッシングのチェックや、歯科医院でしか受けられないケアのためにも、予防歯科の定期検診をご利用ください。

STEP 6 メインテナンス

【セルフケアとプロケアで歯周病をしっかり防ぐ】

【セルフケアとプロケアで歯周病をしっかり防ぐ】

予防歯科でもご説明しましたが、歯周病の予防のためには、セルフケアとプロケアの両立が欠かせません。当院の予防歯科ではPMTCなど歯科医院でしかできないクリーニングを行っています。お口全体の健康向上に役立ちますので、ぜひご利用ください。

院長から患者さんへ

院長から患者さんへ

当院の歯周病治療では、Er:YAGレーザーやペリオウェーブといった最新の機器を採用し、患者さんにご納得いただける先進歯周病治療をご提供しています。歯周病は感染症なので、慢性化する病気です。治療にも長い時間がかかりますが、再発しないようその後のお口の健康管理がもっとも重要です。当院では、患者さんに寄り添い、二人三脚で治療と予防を進めてまいります。お口に違和感がある、歯周病や口臭に不安がある方は、どうぞお気軽にご相談ください。