こばやし歯科

審美歯科・ホワイトニング

白い歯はあなたをもっと輝かせます
~審美歯科・ホワイトニング~

白い歯はあなたをもっと輝かせます~審美歯科・ホワイトニング~

歯の見た目も加齢とともに変化していきます。虫歯治療で取り付けたインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、差し歯や入れ歯などは、保険適用の素材だと経年で変色が起こったり、銀歯が目立ったりしてしまうこともあります。さらに飲食物や喫煙による着色汚れのほか、天然歯も表面のエナメル質が薄くなることで、下層の象牙質の黄色味を帯びた色が透けて黄ばんで見えたりと、白い歯列の中で様々な「色」が口元の美しさを邪魔しているのです。

白い歯はあなたをもっと輝かせます~審美歯科・ホワイトニング~

こういったお悩みを解決するためには、人工歯なら審美歯科、天然歯ならホワイトニングという方法があります。横浜市神奈川区の歯医者「こばやし歯科」では、歯の見た目と咬み合わせを両立し、健康的な美しさをご提供する診療を行っています。銀歯を白い素材にしたい、差し歯を美しい素材にしたい、天然歯の黄ばみが気になるという方は、どうぞお気軽にご相談ください。

審美歯科とは

審美歯科とは

審美歯科では主に、インレー(詰め物)・クラウン(被せ物)、差し歯などの人工歯を、保険適用外の高品質な素材にすることができます。保険適用の素材は、最低限の見た目と耐久性を備えているだけですので、次第に変色したり、劣化して金属イオンが溶け出したりします。一方、審美歯科で取り扱う素材は保険適用外となりますが、審美性でも耐久性でも優れたものが多く、天然歯と見分けがつかないほどのものもあります。

審美修復症例
  • BEFORE審美修復症例 Before
  • AFTER審美修復症例 After
  • BEFORE審美修復症例 Before
  • AFTER審美修復症例 After
銀歯に潜むデメリット

銀歯に潜むデメリット

保険診療の虫歯治療では、前歯など正面から見える部分以外、特に奥歯には、強度の問題から銀色の金属素材が使用されます。しかしこの銀歯には、見た目の悪さだけでなく、2つの健康的なリスクが潜んでいます。

銀歯に潜むデメリット

ひとつは「二次カリエス(虫歯の再発)」です。銀歯や接着剤(セメント)がお口の中で経年劣化してすき間ができ、そこへ虫歯菌が入り込んで虫歯を再発してしまいます。

もうひとつは「金属アレルギー」。お口の中は過酷な環境なので、銀歯が劣化して金属イオンが溶け出してしまいます。この金属イオンが体内に取り込まれると、かゆみやかぶれなどの金属アレルギー症状を引き起こすのです。

金属アレルギーの方もご相談ください

金属アレルギーの方もご相談ください

当院では、金属アレルギーの方、またその不安がある方には、金属を一切用いない素材を採用した「メタルフリー治療」をご提案しています。金属アレルギーは遅延型アレルギーですので、その原因がお口の中の銀歯であることにすぐに気づけないということがよくあります。原因不明の肌トラブルや不調でお悩みなら、金属アレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。

専門病院のご紹介について

当院では、歯科金属にアレルギーがあると疑われる患者さんには、専門病院をご紹介しています。金属アレルギーのご心配がある方は、まずはお気軽に当院へご相談ください。

こばやし歯科の審美メニュー

ジルコニア

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ジルコニア 現在登場しているセラミック(陶材)のなかで、もっとも美しいとされているのがジルコニアです。人工ダイヤモンドとも呼ばれ、強度に優れているため奥歯にも使用できます。金属を含まない素材で、金属アレルギーの心配もありません。
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★
  • ジルコニア Before
  • ジルコニア After
オールセラミック

※表は左右にスクロールして確認することができます。

オールセラミック インレーやクラウンの素材すべてにセラミックのみを使用した人工歯です。天然歯のような自然な白さと透明感があり、変色もほとんどありません。強度・耐久性にも優れ、金属アレルギーの不安もありません。
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★
  • オールセラミック Before
  • オールセラミック After
メタルボンド

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メタルボンド 内側に金属のフレームを配し、表面にセラミックを焼き付けたクラウンです。金属の強度とセラミックならではの美しさを両立しています。内側の金属が光を通さないため、透明感の点ではやや劣ります。
審美性 ★★★☆☆ 耐久性 ★★★★★
  • メタルボンド Before
  • メタルボンド After
ハイブリッドセラミック

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ハイブリッドセラミック セラミックに歯科用プラスチック(レジン)を混ぜた弾性がある素材です。咬み合う歯を傷つけるほどの強度を持つオールセラミックの欠点を克服したものです。ただし、透明感や白さ、耐久性の点では多少劣り、プラーク(歯垢)の付着が起こります。
審美性 ★★★☆☆ 耐久性 ★★★☆☆
  • ハイブリッドセラミック Before
  • ハイブリッドセラミック After
ラミネートベニア

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ラミネートベニア 歯の変色や形状が気になる前歯の表面を薄く削り、薄いセラミック板を貼り付ける審美治療法です。多少の歯並び・咬み合わせの改善ならラミネートベニアで可能な場合があります。
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆
  • ラミネートベニア Before
  • ラミネートベニア After
ファイバーコア

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ファイバーコア 根管治療でクラウンを装着する際に、歯根部に芯(コア)を立て、被せ物の土台とします。保険診療ではコアに金属が使用されますが、被せ物に透明感がある場合、透けて見えたり、歯根部の破折を招いたりという問題があります。ファイバーコアは、しなやかさと透過性を併せ持つグラスファイバー製の芯で、見た目にも耐久性にも優れています。
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★

審美素材料金表

ジルコニア 100,000円
オールセラミック(e-max) 80,000円
メタルボンド(メタルセラミック) 75,000円
ハイブリッドセラミック 45,000円
ラミネートベニア(ジャケット冠) 70,000円
ファイバーコア 8,000円

※料金は税抜き

天然歯の黄ばみを解消するならホワイトニング

天然歯の黄ばみを解消するならホワイトニング

「ホワイトニング」は、審美歯科先進国のアメリカ発祥の歯を白くする方法です。身体にやさしい薬剤を使って、歯の黄ばみを分解し、漂白します。以前は、芸能人やモデルなど、職業的に歯の見た目を意識される方がするものという印象が強かったのですが、近年は、結婚式を控えた方や、就職活動中の学生さん、営業・接客をお仕事にされている方も受けるほど普及しています。

こばやし歯科のホワイトニング

こばやし歯科のホワイトニング

ホワイトニングには、歯科医院で専門家が施術を行う「ホームホワイトニング」、ご自宅などで自分で行う「ホームホワイトニング」の2つがあります。また、当院では、その両方を組み合わせて、両方のメリットを得られる「デュアルホワイトニング」にも対応。患者さんのお口の状況やご要望に合わせて、最適と思える方法をご提案しています。

オフィスホワイトニングの特徴

※表は左右にスクロールして確認することができます。

オフィスホワイトニングの特徴

歯の表面に比較的高濃度なホワイトニング剤を塗布し、そこへ特殊な光を照射することで歯の色素を分解します。

当院で導入するオフィスホワイトニングシステムは、「Beyond(ビヨンド)」。国内導入実績№1を誇ります。ホワイトニングに不要な紫外線・赤外線をカットした光を照射でき、一度に上下16本の歯を照射することができます。

メリット デメリット
  • 短期間、早ければ即日で効果がある
  • 施術前のクリーニングを含め、専門家にすべておまかせでき手軽
  • 色の後戻り(再着色)が起こりやすい
  • 知覚過敏の症状が出ることもある
  • オフィスホワイトニングの特徴 Before
  • オフィスホワイトニングの特徴 After
費用 上下顎それぞれ各1回
※処置は2回必要
15,000円

※料金は税抜き価格です。

ホームホワイトニング

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ホームホワイトニング 自分の歯型から作ったマウストレーに、比較的低濃度の薬剤を注入し、それを一定時間、歯に装着することで薬剤を浸透させます。当院採用しているのは、本場アメリカでも普及する「NITEホワイト・エクセル」。厚生労働省の認可もある安心のホワイトニングシステムです。
メリット デメリット
  • 自宅で自分の好きな時間に取り組める
  • 白さが長続きしやすい(再着色が少ない)
  • ホワイトニング前の歯のお手入れが面倒
  • 効果がすぐには現れず、2週間ほど毎日続けないといけない
  • ホームホワイトニング Before
  • ホームホワイトニング After
費用 1キット 25,000円

※料金は税抜き価格です。

デュアルホワイトニング

※表は左右にスクロールして確認することができます。

即効性のオフィスホワイトニングで歯を希望の白さにした後、ホームホワイトニングを継続することで、白さをキープする方法です。当院では、このデュアルホワイトニングをもっともおすすめしています。
メリット デメリット
  • 短期間で効果が得られる
  • 白さを長続きできる
  • 時間もコストもかかる
費用 オフィスホワイトニング+ホームホワイトニング 40,000円

※料金は税抜き価格です。

院長から患者さんへ

院長から患者さんへ

最近多いご要望が、結婚式や面接などのここぞというタイミングに合わせて歯を白くしたいというものです。お急ぎの場合はオフィスホワイトニングが、手軽にじっくり歯を白くしたい方にはホームホワイトニングがぴったりです。当院では、患者さんのご都合やご要望に応じて、最適と思われる方法をご提案しています。天然の歯を白くしたい方、どうぞお気軽にご相談ください。